収益率300%超えも!クラウドマイニングのパフォーマンス比較

収益率300%超えも!クラウドマイニングのパフォーマンス比較

仮想通貨の投資が流行しています。

一般的にはトレードやICO(クラウドセール)が多いですが、トレードで値上がり・値下がりのタイミングを見極める事や成功するICOを見つける事は詳しい知識、情報が必要で

更に、その知識・情報を集めるための時間も必要となる事から。一般の人で確実に利益を出す事には無理があります。

そこで、比較的「手堅い投資」、そして不労所得としても期待できる「クラウドマイニング」を紹介していきます。


【この記事の1分まとめ】

この記事のキーワード
クラウドマイニング、クラウドマイニングの収益、パフォーマンス比較
この記事で取り扱うテーマ
少額から行えるクラウドマイニングは、リスク分散・不労所得としてもおすすめ
結論
1つの通貨に絞るなら、複利のある「Hashflare」
選択できる種類が豊富な「Genesis Mining」は後々の軌道修正が可能
アルトコインは気にせず、ビットコインのマイニングなら「Bitcoin Pool」

クラウドマイニングとは?

収益率300%超えも!クラウドマイニングのパフォーマンス比較

そもそもマイニング(採掘)とは?

ビットコイン等の仮想通貨には欠かせないのがマイニング(採掘)です。

仮想通貨は少ない手数料で送金できるというのが特徴ですが、送金にはマイニング(採掘)が関わっています。

仮想通貨にはすべての取引が記録されている巨大な台帳が存在します。

この台帳の事をブロックチェーンと呼びます。

台帳(ブロックチェーン)に取引を書き込むために、承認を得る必要があり、このことをマイニング(採掘)と呼んでいます。

この承認作業が速く見できたマイナー(採掘者)には、仮想通貨が送られます。

この報酬を得る事を目的として、マイナーはマイニングに参加することになります。

マイニングはコンピューターによる演算です。

この演算には電力消費が伴うので当初は個人のコンピューターでも可能でしたが段々と個人では不可能になりました。

現在ではマイニングプールという、マイニングを行う団体・企業によりマイニングが行われています。

クラウド上で行われるマイニング

収益率300%超えも!クラウドマイニングのパフォーマンス比較
マイニングを行っている企業に、お金だけを支払いマイニングを丸投げするのがクラウドマイニングです。

電気代等、運用コストの安い国にデータセンターを作り、サーバーを貸して支払いした分だけをマイニングします。

マイニング運営の企業のサイトで、希望の仮想通貨に対してマイニングを振り分ける事も可能

「ビットコインのコスパが良くないから、イーサイアムに」

といった事もできます。

クラウドマイニングは、機材の投資・管理コストが不要、電気代不要、

そして、ROI達成後(投資したコストを回収できた後)は収益を生み続ける(=不労所得)ということが挙げられます。

また、トレードやICOは値上がりを期待して行いますが、値下がり・暴落する可能性もあります。

そういった意味では、リスク分散しつつ収入源を確保できるクラウドマイニングは有効な手段です。

ちなみに、マイニング会社にお金を投げているので、運営に対して細かく指示する事はできません。

例えば、サーバーがハッキングされ、メンテナンスとなりマイニングできない期間もあります。

つまり、どれだけ採掘できるかを保証してくれるわけでもない、という点については注意が必要です。

クラウドマイニングの特徴

収益率300%超えも!クラウドマイニングのパフォーマンス比較
クラウドマイニングのメリットとデメリットをまとめました。

メリット・デメリットがそれぞれあるので、特性を理解しておきます。

クラウドマイニングのメリット

  • 低コストで始められる(サーバー代、電気代、土地代等は必要ない)
  • 騒音がない(ファンの動作音を気にしなくて良い)
  • 放熱がない(サーバー稼働中の熱を気にしなくて良い)
  • いつでも他の通貨のマイニングに切り替えられる(損しそうになったら他の通貨に変更可※出来ないマイニング会社も有り)
  • メンテナンスの追加費用・手間がかからない

クラウドマイニングのデメリット

  • 詐欺の場合がある(偽クラウドマイニング、HYIP)
  • 手数料が発生する(マイニング業者に手数料を取られている)
  • 本当にマイニングされているかは不明
  • 業者任せになるのでソフトウェアを選択できない
  • マイニング量を保証している訳ではない

クラウドマイニングの収益率は良いの?

収益率300%超えも!クラウドマイニングのパフォーマンス比較

ビットコインのマイニングを個人で行った場合、まず回収する事は不可能です。

マイニングする知識、時間、情報…すべてを揃える事を考えてもハードルは高いです。

クラウドマイニングの場合、選択するクラウドマイニング業者にもよりますが

基本的には収益を出せます。

ビットコインやアルトコインに対して、クラウドマイニングを行うことで

仮想通貨全体の時価総額が上昇している状況、かつ

時価総額が上位の通貨であれば今後の値上がりが十分に期待できるからです。

クラウドマイニングを行っている運営サイト

収益率300%超えも!クラウドマイニングのパフォーマンス比較
クラウドマイニングを行っている運用サイトで、おすすめなのは

「Hashflare」「Genesis Mining」です。

Hashflare(ハッシュフレア)
日本語にも対応効率的なマイニングを!
HashFlare

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)
効率的なマイニングが可能!不労所得としても人気です

サイトの操作性(使いやすさ)、マイニングパワー(採掘の能力)

セキュリティ対策、サポート対応・復旧を考えればこの2社です。

もちろん、上記以外にもクラウドマイニングサイトは存在します。

日本であまりすすめるサイトはありませんが

海外サイトでは、Hashflare、Genesis Miningを抑えて1位のマイニングサイト

「Bitcoin Pool」があります。

マイニングはビットコインのみになるので、日本で人気がないかもしれませんが

パフォーマンスでみた場合、日利0.42%(年利153%超え)と優れています。

Bitcoin Pool(ビットコインプール)
海外サイトでNo.1!ビットコインのマイニングプール

収益率300%超えも!クラウドマイニングのパフォーマンス比較

収益率300%超えも!クラウドマイニングのパフォーマンス比較

では、クラウドマイニングの収益率はどうなんでしょうか?

クラウドマイニングのパフォーマンスを比較しました。

サービス名ハッシュレート投資収益リターンステータス確認日
Hashflare DASH6 MH/s0.007788 BTC0.001058 BTC275.43%/年正常2017/09/03
Genesis-mining SHA 2565090 GH / s0.007348 BTC0.000657 BTC203.83%/年正常2017/09/01
Hashflare Scrypt3 MH/s0.007142 BTC0.000055 BTC140.04%/年正常2017/09/03
Hashflare SHA 25650 GH/s0.002490 BTC0.000019 BTC138.16%/年正常2017/09/03
Hashflare ETH1 MH/s0.004924 BTC0.000294 BTC120.89%/年正常2017/09/03
Genesis-mining ETH6 MH/s0.007354 BTC0.000236 BTC58.55%/年正常2017/09/01
Genesis-mining X115 MH/s0.030000 BTC0.006553 BTC63.27%/年完売2017/08/10
Hashflare EQUIHASH0.5 H/s0.027287 BTC 0.000709 BTC3.85%/年完売2017/08/27

選択すべきクラウドマイニングは?

Hashflare、Genesis Mining共におすすめなのは「DASH」です。

比較的低コストでありながら、常に時価総額上位に入ってくる仮想通貨です。

同様な匿名系仮想通貨「Zcash」「Monero」がありますが

この中では「DASH」が開発陣、コミュニティも豊富で値上がりの期待ができます。

Genesis Miningの場合「Dash(X11)」が完売のため現時点では購入できません。

今後、販売を再開した際には即売り切れとなってきます。

Genesis MiningのX11はパフォーマンスが優れています。

マイニングの購入は仮想通貨から?日本円から?

マイニングの支払いにはビットコイン(BTC)、イーサイアム(ETH)からも可能です。

また、クレジットカード(円)からでの購入も可能となっています。

では、どちらからの購入がより良いリターンなのでしょうか?

その時々で状況は変わりますが、2017年時点の仮想通貨と日本円の状況を簡単に書くと

仮想通貨の場合

<仮想通貨全体の時価総額>
2017年8月27日 155,250M USD(1年で13.6倍に)

<アルトコイン時価総額>
2017年8月27日84,937 USD(1年で38.1倍に)

このように、アルトコインが高騰していることで、仮想通貨全体の時価総額が上昇しています。

それに対して日本円の場合は、マネタリーベースで考えると

2012年11月に発行していた日本円が約124兆円に対して

2016年11月に発行していた日本円は約417兆円となっています。

約3.2倍発行している訳ですが、言い換えれば円の価値は30%程、下落している事を意味します。

(物価上昇の反映も徐々に一般消費者に浸透してきています。)

このことから、少なくとも2017年中であれば、仮想通貨の時価総額上昇と

日本円の価値低下から日本円で購入する事をおすすめします。

関連記事:

今後ビットコインの価値が100万円以上に上昇する可能性と理由
今後ビットコインの価値が100万円以上に上昇する可能性と理由 ビットコインの価値上昇は続き、2016年末には10万...
ビットコインの下落・暴落を気にする必要がない良い理由
ビットコインの下落・値下がりは問題がある度に発生しています。 2017年6月には一時17%下落し、イーサリアムなど...

最後に…

1年で10倍以上の価値を生み出している仮想通貨。

少額でも、少しでも早く参加する事で、値上がりの恩恵を受けられる可能性が高いです。

年を重ねて、「あの時参加すれば良かった」と思うよりも、チャレンジする事の方が大切です。

是非、クラウドマイニングに参加する事をおすすめします。

Hashflare(ハッシュフレア)
日本語にも対応1度の登録で「無期限の契約」
HashFlare

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)
効率的なマイニングが可能!不労所得としても人気です

Bitcoin Pool(ビットコインプール)
海外サイトでNo.1!ビットコインのマイニングプール


参考サイト
https://bitcoincloudmining.center/mining

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加