2017年内にビットコイン先物が上場か?商品先物取引委員会審査待ち

早ければ、2017年内にビットコインの先物が上場する可能性が出てきました。

現在、商品先物取引委員会(CTFC)審査待ちですが、ビットコイン・仮想通貨市場に対しての巨額マネーが流入する可能性があります。


ビットコインの上場は失敗している

2017年3月、米証券取引委員会(SEC)はウィンクルボス兄弟が提出していたビットコイン上場投資信託(ETF)の上場申請を却下しました。

その他、ブロックチェーン技術サービスのソリッドXパートナーズが提出したETFの申請を却下しています。

直後にウィンクルボス兄弟は再審査を開始していますが、2017年8月時点では上場していません。

ビットコインETFの道のりは先物から

2017年3月、ウィンクルボス兄弟が提出したETFが却下された後、他の方法でも上場を目指すとしており、先物からビットコインを上場させる予定です。

米国最大のデリバティブ取引所であるシカゴ・オプション取引所は、ビットコインの先物オプション商品を2017年末から2018年初めで上場する予定と発表しており、商品先物取引委員会(CTFC)の審査待ちです。

また、ウィンクルボス兄弟の設立した取引所と提携し、同取引所のマーケットデータをデリバティブ商品やインデックス作成に利用できる複数年の専属契約を結んだことも明らかにしています。

仮想通貨市場の賑わいと共に、新規・既存取引所の参入が活発になってきています。

上場審査が通ることは、機関投資家の参入に含みができ、仮想通貨市場全体に期待できます。

参考引用:
BTCN:CBOEとウィンクルボス兄弟、ビットコイン先物を上場か

関連記事:

今後ビットコインの価値が100万円以上に上昇する可能性と理由
今後ビットコインの価値が100万円以上に上昇する可能性と理由 ビットコインの価値上昇は続き、2016年末には10万...
The following two tabs change content below.

Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net)

暗号通貨、仮想通貨(Bitcoin・Ethereum等)の情報収集を行っています。クラウドマイニング、クラウドセール、HYIP投資、新しいアルトコイン、ビットコインに関連したニュースなど、気になった情報をブログで公開しています。
応援よろしくお願いします
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク