黄金の価値を持つDigix(ディジックス)とは?

DigixDAO(ディジックスダオ)とは

Digixとはイーサリアムのブロックチェーンプラットフォームを用いて、現実の金(ゴールド)をトークンとするサービスです。

Digixでは「gold strage」(金の保管庫)や「デジタル資産での金本位制」と謳っています。

他にも金をデジタル化するプロジェクトがある中でDigixが注目されている理由は、提唱されるProof of Asset(資産の証明)の信頼性です。

ブロックチェーン上に金保有状況、トークン保有情報を共有、確認可能にすることでカウンターパーティリスクを抑える事ができます。

つまりトークンを金に変換する際に実際には金が無い、といったケースを避けるために、情報の記録共有にイーサリアムのブロックチェーンを利用しています。

そして実際に金を動かすことなく、インターネット上で富を取引可能にしています。

DigixDAOのクラウドセール(ICO)は終了していますが、crypt marketにて上位にランクインしています。

DDigixの特徴、Proof of Asset(PoA)とは

実物の金をトークンとして利用するために、必要な情報をデジタル化して登録する必要があります。
そのためのプロセスをPoA verificationと呼び、以下の情報をブロックチェーンへ登録していきます。

  • 登録日時
  • 金の重さ
  • 品質保証者
  • 保有者
  • 外部監査人

これらのデータをPoA Cardと呼ばれるイーサリアムプラットフォームのトークンへ登録していきます。
この時点で実際にインゴットを所有する際の、インゴットの保証データなどが一律で登録されていることになります。

Digixの有用性を語る際にまず始めに言及されるのは、実在の金を物理的に動かすことなく、その取引を行える事です。

イーサリアムプラットフォームのブロックチェーン上にてデータが記録されているため、ブロックチェーンの特徴である透明性に優れたデータの共有が行われ、登録されたトークンの価値証明が行われます。

更に、イーサリアムプラットフォームにスマートコントラクトを設定することで、スマートコントラクトの特徴である自動性、信頼フリーの状態で金所有権の取引や法定通貨へのトレードすることが可能となります。

そして、PoA Cardを所有していれば、シンガポールのオフィスにて実際のインゴットへ交換することも可能となります。

利便性を高めるためのDigix Tokens(DGX)とは

実際の決済用としての利便性を高めるためにDigix Tokens(DGX)と呼ばれるトークが用意されています。

DGXはPoA Cardから作られる、1グラム当たりの金の価値を表す単位トークン。

自身のブロックチェーン記録に100グラムの金を所有していれば、100DGXまでのトークンを作成可能となります。

DGXデータとPoA Cardへの変換は相互に行うことができ、そのプロセスはスマートコントラクトにて管理されています。

実在の金とトークンの価値を連動することで、実際にインゴットへ変換する際に、インゴットが存在しないといったカウンターパーティリスクへ対処しています。

取引記録はブロックチェーン上に保管されているため、万が一Digixが機能を止めることがあっても、ブロックチェーン上のデータをもとにインゴットへの変換が可能です。

Digixの現状とトークンDGDの役割

Digixのクラウドセールは終了し公開されています。

売りに出されたトークンはDigixDAOトークン(DGD)です。

CryptoCurrency MarketCapitalizations の情報から、現在の時価総額は$30,337,400でランキング20位です。

DGDの保有者は実質的に配当機能とプロジェクトへの投票権を持つ株式の役割を果たします。

しかし、法律など未整備であり、無用のトラブルを避けるためか株や有価証券といった呼ばれ方はされていません。

DGDの所有者には3ヶ月に1度Digixを利用した取引やインゴットの交換にて得られる手数料などの収益が配当として一部支払われます。

また今後プロジェクトの方針へ判断が必要な際には投票が可能となる権利が与えられます。

DigixはPoAシステムを採用していることから、Digix運営者にはインゴットやトークン自体へのアクセス権へ介入することはできません。

DGD所有者自身にがプロジェクトの方針を決める権限や、ケースによってはDigixのボードメンバーの交代を支持することもできるため、Digix自体はイーサリアムプラットフォームのスマートコントラクトにて機能するDAO(分散型の自律組織)と定義しています。

DGDの購入

日本国内では購入する事ができませんが、polloniex、bittrex等の海外の取引所で手に入れる事が可能です。

The following two tabs change content below.

Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net)

暗号通貨、仮想通貨(Bitcoin・Ethereum等)の情報収集を行っています。クラウドマイニング、クラウドセール、HYIP投資、新しいアルトコイン、ビットコインに関連したニュースなど、気になった情報をブログで公開しています。
応援よろしくお願いします
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク