新しいイーサリアム「エンタープライズ版イーサリアム」

エンタープライズ版イーサリアム「Enterprise Ethereum」とは?

エンタープライズ版イーサリアムは、企業がもっと使いやすくなるように内密に進めているとされるプロジェクト。

しかしアメリカの仮想通貨ニュースサイト、コインデスク(Coindesk)が、公開前に少しずつその情報が流出してきている事を明らかにした。

現在のイーサリアムで浮上している問題について、金融機関とデベロッパーがミーティングを開いている事を伝えている。

その中にはマイクロソフト(Microsoft)やデロイト(Deloitte)などの大企業も含まれている。

ゴールドマンサックスとバークレイズでの職務経験もあるConsenSys(ベンチャー企業)のジェレミー・ミラー氏は

金融、エネルギー、サプライチェイン、保険などの業界と連携してイーサリアムのプライベートネットワークを構築している事を明らかにしている。

「Ethereum」と「Enterprise Ethereum」の違いは何か。

ミラー氏によると
「PoWではないプライベート向けに特化したコンセンサスアルゴリズムの採用」
「スマートコントラクトやアイデンティティの秘匿」
「エンタープライズ用途への開発方針フォーカス」
の3点を主要な相違点としているようだ。

また、エンタープライズ版イーサリアムはパブリック・イーサリアムの延長線上にあり

イーサリアムとの相互運用性や互換性を持つように開発ロードマップを構築しているとのことだ。

The following two tabs change content below.

Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net)

暗号通貨、仮想通貨(Bitcoin・Ethereum等)の情報収集を行っています。クラウドマイニング、クラウドセール、HYIP投資、新しいアルトコイン、ビットコインに関連したニュースなど、気になった情報をブログで公開しています。
応援よろしくお願いします
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク