エコノミスト2017の表紙にビットコインを連想させる個所が存在

スポンサー

画像は「The Economist」より引用

世界中の政治家やビジネスパーソンが愛読しているイギリスの政治経済誌『エコノミスト(The Economist)』。

毎年年末になると、翌年の世界情勢について論じた『世界はこうなる』シリーズを30年余りにわたって出版し続けています。

そこで語られる内容は世界中のリーダーたちも重視しており、翌年の舵取りに役立ててきたとも言われています。

今回2017年の表紙には出来事をタロットカードに例え、例年にはない不吉な内容が多く存在します

THE TOWER、DEATH、THE MAGICIANと不気味なカードがある中で注目するのが

「THE WORLD」

画像は「The Economist」より引用

絵画や書籍、仮面といったものが中心の円(太陽?)から放射状に延びる線で繋がっています。

そして、ピラミッド、ホワイトハウス、アメリカ合衆国銀行を思わせるマークからは更に太い線で。

更に「THE WORLD」の中心にある太陽がビットコインとしても捉えることができます。

ビットコインを中心に書籍や絵画を結びつき、更には政府・銀行といった中央集権を結び、世界中の思想が変わる転換点であり、

既存通貨の(ドル)から脱却し、別の通貨、つまりデジタル通貨・暗号通貨への転換するタイミングとも読み解けます。

実際、次期アメリカ大統領の政権運用チームに「ある人物」が加わるったことにより現実さを増しています。

ビットコインへの期待もありますが、並んでいるタロットカードを見る限り絶望と危機感ある1年とも見えます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

近い将来、ドルはビットコインに置き換わる?
いずれドルはデジタル通貨・暗号通貨(ビットコイン)に置き換わる? それは、遠い未来ではなく、近い将来として。 ...
今後ビットコインの価値が100万円以上に上昇する可能性と理由
ビットコインの円レートで94,000円を上回りました。 大統領選挙後の影響から続いている、円安傾向(1ドル=117...

参考:トカナ,The Economist

The following two tabs change content below.

Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net)

暗号通貨、仮想通貨(Bitcoin・Ethereum等)の情報収集を行っています。クラウドマイニング、クラウドセール、HYIP投資、新しいアルトコイン、ビットコインに関連したニュースなど、気になった情報をブログで公開しています。
スポンサーリンク
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ