今後ビットコインの価値が100万円以上に上昇する可能性と理由

スポンサー

ビットコインの円レートで94,000円を上回りました。

大統領選挙後の影響から続いている、円安傾向(1ドル=117円)になっていることも要因です。

では、ビットコインの値上がりはどこまで続くのでしょうか?

中国最大のマイナーの1人が、ビットコインの価値が1万ドルから100万ドルにまで上昇する可能性があると指摘しています。

市場の状況も含め、可能性と理由と理由を解説していきます。

スポンサー

ビットコインのマイニングは4年の半減期ごとに減少

今年の7月にマイニングした際の報酬の2度目の半減が行われ、25btcから12.5btcへと報酬額が低下しました。

このイベントは半減期と呼ばれ、ビットコインの歴史の中で重要な動きでした。

約4年に1度の頻度で実行され、ビットコインの価値を保つ為2100万btc以上が出回らない設定がされています。

ビットコインの価格は需要と供給に応じて動くので、供給量の低下が価格上昇を招くと一般的に考えられています。

ビットコインユーザーは増加、そして急成長

それに対して、ビットコインのユーザー数は増加・成長しています。

まず、ユーザーの持つビットコイン用のウォレット数(※Blockchain)の推移です。

2012年1月 登録数約400件
2013年1月 登録数約70,000件
2014年1月 登録数約1,127,000件

2016年12月で登録数約1,000万件を突破しました。

5年で約25,000倍と急成長しています。

日本の大手銀行、三菱東京UFJの口座数は約4,000万(法人は50万)の口座数と考えると、世界的にビットコインが急成長している事が分かります。

ビットコインの需要と供給の変化

ビットコインの急成長の背景には単に供給量が低下だけではなく、ビットコイン使用機会の増加も要因です。

海外では自国通貨ではなく、ビットコインで支払うことによって、割引サービスを展開している店舗が多く存在します。

(日本でも、ビットコインで飲食店・公共料金等の支払いサービスが増加してきています。)

自国通貨でも手数料・送金を除けば問題ないようにも感じますが、自国通貨だからこそ抱える問題があります。

政府の規制によりビットコインの需要が増加する海外

政府の通貨規制により、ビットコインの需要が急拡大している国があります。

インドでは今年の11月8日に、高額紙幣の1,000ルピー(約1,600円)札と800ルピー(約800円)札を演説の4時間後に無効にすると突然発表がありました。

これは偽造通貨や汚職などの根絶を目的に行われたようです。

ただ、もしこの発表を見逃していたり、銀行に口座がなかったとしたら、紙幣は単なる紙くずになってしまいます。

(そして、恐らくこの問題に巻き添えになった方も多くいるかと思われます。)

また、ベネズエラでは政治の混乱から、経済状態はカオスな状況です。

価格統制、インフレ、不景気、汚職、デフォルト懸念、さまざまな問題が複雑に絡まり、ベネズエラは破綻状態にあります。

食料品など生活必需品の不足が深刻化し、政府は新紙幣の発行に伴い最高額紙幣を廃止すると突然発表しビットコインが急騰しました。

インド、ベネズエラ以外の国々でも、ビットコインの取引量が非常に短期間で急騰しています。

(各国のビットコインの取引量を確認できます)

https://coin.dance/volume/localbitcoins

ビットコインにキャズム(溝)は存在するのか?

ビットコインを受け入れた人とそうでない人にはキャズム(溝)が存在します。

マーケティング用語でのキャズム理論(溝)は、一般的に普及するかしないかの境目です。

この境目を超えなければ、ほんの一部の人しか使わないものになります。

インターネットもかつてはイノベーター、アーリーアダプターと呼ばれる初期の人しか扱わないモノでした。

そのごく一部がオタクとも呼ばれていたりもしました。しかし、キャズムを超え、インターネットは一般化しました。

ビットコインもそれと同様に、キャズムを超え始めている状況です。

海外での取引量を見れば一目瞭然です。

もし100万人の人が1BTCを持ち始めたら…

世界の人口は現在約73億人。

その内の100万(世界人口のたった0.00013%)の人が、1BTCを購入したとすればビットコインの価値が100万ドルにまで上昇します。

ビットコインが価値が100万ドルまで高騰すれば、暗号通貨・ビットコインの重要性を感じることになり、ますますビットコインの価値が上昇していく可能性があります。

世界の0.01%に満たない人が1btcを購入するだけで、今までにはない特別な転換期が訪れます。

そして、その転換期はもう、すぐそこまできています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

エコノミスト2017の表紙にビットコインを連想させる個所が存在
画像は「The Economist」より引用 世界中の政治家やビジネスパーソンが愛読しているイギリ...
近い将来、ドルはビットコインに置き換わる?
いずれドルはデジタル通貨・暗号通貨(ビットコイン)に置き換わる? それは、遠い未来ではなく、近い将来として。 ...

記事引用

ベネズエラで起きている事:お金で価値が測れないディストピア

コインテレグラフ:中国債券バブルの崩壊と人民元の成長鈍化―差し迫るビットコイン価格の高騰


コインテレグラフ:ビットコインの価格が上昇する可能性とその理由をChangler Guo氏が解説


コインテレグラフ:カナダ、オーストラリア、ヨーロッパの5万店舗以上の加盟店でビットコイン購入が可能に

The following two tabs change content below.

Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net)

暗号通貨、仮想通貨(Bitcoin・Ethereum等)の情報収集を行っています。クラウドマイニング、クラウドセール、HYIP投資、新しいアルトコイン、ビットコインに関連したニュースなど、気になった情報をブログで公開しています。

最新記事 by Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net) (全て見る)

スポンサーリンク
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ