トランプ大統領と今後のビットコイン

スポンサー

日本時間の11月9日17時頃、アメリカ大統領選 は共和党候補ドナルド・トランプ氏が勝利しました。

そして、今回の選挙では上院・下院についての選挙も、各州で個別に行われた条例等も行われました。

今回のアメリカの選挙とビットコイン・アルトコインの状況をまとめていきます。

スポンサー

ビットコインの動きについて

今回の選挙ではトランプ氏が勝利したことにより、日経平均は前日から919円値を下げる
いわゆる「トランプショック」が起こりました。

それに伴いビットコインについては、一時1BIT=約750$付近に到達しました。

しかし、翌日のアメリカ市場では経済政策への期待からダウ平均株価が前日比256.95プラスの
18,589.69にまで上昇、その後の日本市場についても釣られるように
10日午前に1万7178円87銭へと急反発し、結局1万7344円42銭で取引を終えました。

ビットコインはドル・元の影響と関連があり、今回ダウ平均が上昇に転じた事で
ドルが買われ、ビットコインが値下がり1BIT=約720$の値がつきました。

EU離脱の際にもビットコインは上昇に転じ、その後下落しています。

世界情勢で不安な要素があれば、金の性質と似たビットコインへと流入する事は間違いなさそうです。

ビットコインへの課税について

アメリカの国税庁にあたる国内歳入庁(IRS)はビットコインや暗号通貨についての戦略を精査する必要があると、監査官がレポートを発表しています。

このレポートには、次のように記載されています。
「近年、暗号通貨のような新しい支払い手段が成長しており、一部では米ドルのような伝統的な通貨の代替として使われるケースが出てきている。」
「様々な暗号通貨が政府によって発行される通貨に代わる支払い手段として実際に経済の中で利用されている。」
「このレポートは暗号通貨を通じた歳入に関するIRSの戦略を評価することを目的としたものだ。」

IRSがビットコインからの課税を考えていることが見えます、今後のアメリカ国税庁の動きについて注目です。

Potcoinについて

今回の投票では、「マリファナの合法化について」の項目もありました。

ドナルド・トランプも医療用での利用は支持すると公言しているため、今回の選挙結果から「大麻合法化」が加速すると思われます。

アルトコインの中でも大麻を扱う「Potcoin」が、選挙前から値動きが見られました。

選挙前から約2倍に価値が上がっています。

https://coinmarketcap.com/currencies/potcoin/

大麻合法化の情勢が加速する程、Potcoinの値上がりは期待できそうです。

(Potcoinと同様にCannabiscoinがありますが、こちらは動きは見られませんでした。)

trump_and_bitcoin_1

Augurについて

未来予測市場であるAugur。

こんな時の為にあると思うのですが。

本稼働してくれる事を期待です。

trump_and_bitcoin_1

関連記事

大統領選挙の影響からビットコイン暴騰
アメリカ大統領選について世界は注目しています。 ヒラリーとトランプとどちらが勝つか、現時点では決まっていませんが 選...
The following two tabs change content below.

Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net)

暗号通貨、仮想通貨(Bitcoin・Ethereum等)の情報収集を行っています。クラウドマイニング、クラウドセール、HYIP投資、新しいアルトコイン、ビットコインに関連したニュースなど、気になった情報をブログで公開しています。

スポンサーリンク
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ