ICO(クラウドセール)とは何か?

ICO(クラウドセール)って何?

ICOは(Initial Coin Offering)の略

株式のIPO(Initial Public Offering)になぞらえたもです。

IPOは日本語に直すと「新規公開株」とか、「新規上場株式」となります。

具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し

誰でも株取引ができるようにすることをIPOといいます。

IPOは新規上場するときに投資家に配られる“株を買う権利”を抽選で手に入れ

上場日のはじめに付く株価(初値〔はつね〕)で株を売ることで利益を手に入れる事ができます。

「上場する前に株を手に入れて、上場日に売る」

これだけで利益が確定できる、IPOは魅力があります。

暗号通貨の特性上、発行数が限られる為IPOと同様の仕組みが成り立ち

ICOが可能となります。

IPOとの違い

IPOとの大きな違いは、IPOは証券会社を仲介し購入するのに対して

ICOでは直接、新規暗号通貨の発行元のクラウドセールサイトから購入が可能です。

クラウドセールはクラウドファンディングの形式で販売されます。

暗号通貨のプロジェクト自体に価値があれば、暗号通貨の価値も高まる可能性があります。

また、IPOでは証券会社から抽選で購入権が得られ、株式の購入となります。

会社によっては抽選から外れることも多く、証券会社との付き合いも大切です。

ICOではクラウドファンディング形式なので、募集が終了していない限り

ほぼ誰にでも購入が可能となります。

(プロジェクトの内容によっては購入できる国・枚数が制限されます。)

ICOで購入するのは「株」ではなく「暗号通貨(トークン・アセット)」になります。

ICOの魅力

ICOの魅力は、株などとは違い、誰でも世界中どこからでも参加できること、そして新規プロジェクトの資金調達の手段として効率的なことです。

今まで市場に参加できなかった方でも容易に、ハードルが下がり参加することが可能です。

ICOの実施は、ベンチャーキャピタルからの資金調達、もしくはIPOよりも簡単に行うことができ、実質誰でもビットコインやイーサリアムを利用して資金を調達が可能です。

あくまで現時点で考えられるのは、これからもICOの数は日に日に増加していくということです。

The following two tabs change content below.

Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net)

暗号通貨、仮想通貨(Bitcoin・Ethereum等)の情報収集を行っています。クラウドマイニング、クラウドセール、HYIP投資、新しいアルトコイン、ビットコインに関連したニュースなど、気になった情報をブログで公開しています。
応援よろしくお願いします
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク