今更だけど…、それでも「イーサリアム」を保持するべき理由

スポンサー

イーサリアム(Ethereum)とはイーサリアム・プロジェクトにより
開発が進められているの分散型アプリケーションです。

スポンサー

ビットコインにある2つの側面

通貨・お金で語られる側面
中央銀行が発行するものではなく、実物(札・硬貨)の形は存在しません。
また、保有者同士によりその価値が共有され、「データ」として存在してます。

技術的な側面
ビットコインの技術として注文されるのは「ブロックチェーン技術」です。
中央集約をなくし、ネットワークに存在する参加者が同意することで動作します。

ブロックチェーンは、分散型台帳技術・分散型ネットワークのことを指し
一続きの取引台帳データをネットワーク全体で分散的に保持し、
改ざんを防ぎ、信頼性を確保します。

以上のことから、第三者による信頼性の担保が不要となり、
直接取引を行う際にも安全な取引を実現しています。

「データ値=お金」とすれば、ビットコインはお金としての役割を果たせます。

ビットコイン2.0とは?

上記のことから、データ値=お金と考ることができますが
ビットコインの場合はお金の側面だけがクローズアップされた状態でした。

しかし、ブロックチェーン技術はあくまでネットワーク化したデータです。

「このデータをお金以外にも、応用できるのでは?」という発想が生まれ
ブロックチェーン技術を、お金以外のものに応用したのが「ビットコイン2.0」と呼ばれるようになります。

独自の通貨、株式や債券、デジタル上の資産、それぞれに特化した技術が生まれました。

そこから更に派生して
「なんでもできるような仕組み(箱)を作り、そこに紐づける事ができないか?」

という発想の元、イーサリアムが誕生しました。

イーサリアムとは?

暗号通貨イーサリアム(Ethereum)の通貨単位はイーサ(Ether)ですが、
それ以外にユーザが独自に定義した契約(スマートコントラクト)・財産を扱うことができ
柔軟性の高い通貨と言えます。

先にもありますが、中央機関なしに契約を自動執行できます。
ただ、契約の執行には複雑さに応じたイーサを支払う必要があります。
(そして、このイーサはマイナーの収入となります。)

ビットコイン=お金の機能のみ、であれば、イーサリアム=スマホ
そしてそのスマホは様々なアプリをインストール、実行できるプラットホームという考えです。

イーサリアムの可能性

イーサリアムがリリースされたのは2015年の7月。
当初は1ETH(イーサー)=0.006BTCでしたが、一時期1ETH=0.034BTCまで上昇しまた。

イーサリアムを20万で購入し、35倍の700万になったという
ホリエモンの話が取り上げられましたが、これが丁度その時でした。

その後、「The DAOによるハッキング被害」「ハードフォークの実施」など
イーサリアムにとって大きな局面を迎えました。
特に、ハードフォークの実施により、もともとのハッキング被害にあったイーサリアムを分断させ
元のイーサリアムをイーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)とし、新しいイーサリムとは別の物として存在することになりました。
(ちなみに、チャールズホスキンソンが開発として絡んでいますが、彼の理念から言えばハードフォークには反対でイーサリアム・クラシックが本来ある形との考えのようです。)

しかし、現状ではハードフォークを実施したイーサリアは
ピーク時よりも価格は下落しているものの(2016年9月現在1ETH=0.023BTC)
他の通貨と比較しても極端な値下げが見られません。

これはイーサリアムを元にしたプロジェクトがいくつも派生している為です。

イーサリアムの好材料

イーサリアムの発想は先にも記述した通り、通貨以外も含め一まとめる事を目的に作られたものです。

その思想を取り入れようとする大手企業・銀行があり、実際に提携・導入を進めているニュースも存在します。

「デロイト、イーサリアム用いた「銀行」開発へ ConsenSysと提携」

http://btcnews.jp/deloitte-partnership-with-consensys-for-developing-ethereum-based-bank/

「サンタンデール銀行、「ETHユーロ」取扱いへ」

https://www.coin-portal.net/2016/09/20/13035/

つい最近では、上海で「Ethereum Devcon2」が開催されました。
開発者でもあるVitalik Buterin氏そはじめイーサリアムの開発者が集うカンファレンスで、数百名規模の開発者・関係者が参加しました。

まとめ

暗号通貨の開発の段階で何の為の目的で作られたか、明確ではないものが多く存在します。

それは、ICO(クラウドセール)で資金を得ることが目的であったり、または詐欺であったりとします。

ただ、このイーサリアムについては開発者も多く、まだまだ発展する見込みがあると考えられます。

こちらもご覧ください

10分あれば手続き完了!coincheckでのイーサリアム購入方法
数年前と比較しても暗号通貨・ビットコインの購入方法がシンプルになってきています。 各取引所が暗号通貨を身近に感じて...
The following two tabs change content below.

Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net)

暗号通貨、仮想通貨(Bitcoin・Ethereum等)の情報収集を行っています。クラウドマイニング、クラウドセール、HYIP投資、新しいアルトコイン、ビットコインに関連したニュースなど、気になった情報をブログで公開しています。

最新記事 by Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net) (全て見る)

スポンサーリンク
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ