暗号通貨「エイダコイン」の魅力

スポンサー
スポンサー

2016年、暗号通貨がより注目される年となります。

暗号通貨(仮想通貨)の認知度はここ数年でかなり上がりました。
市場は既に暗号通貨、そして、ブロックチェーンの技術に期待が高まっています。

実際、さくらインターネットはブロックチェーンの実証実験環境「mijinクラウドチェーンβ」を発表した2015年12月16日以降、何度も株価のストップ高が発生。
3日連続でストップ高となった事もありました。
(2016年1月7日現在、300円→1,200円と株価は4倍になりました。)
フィンテック銘柄(フィンテック(Fintech)は金融(Finance)とIT技術(Technology)を組み合わせた造語)は今年更に躍進していきそうです。

ブロックチェーン技術は暗号通貨(ビットコイン)を作る時に生まれたの副産物(技術)ではありますが、暗号通貨自体も大手企業・銀等が着目しています。
海外では、マイクロソフト、ゴールドマンサックス、google、Apple、IBMなど、そうそうたる企業が名を連ね、国内でも楽天、三菱UFJ、NTT、リクルートなどが注目・開発に取り組んでいるようです。

暗号通貨は確認できる通貨としては約700種類ほど(実際には1,200種類ほどあると言われています)存在しています。
この中から、どの暗号通貨を購入したら良いか分からなくなってしまいます。

まだ開発中の通貨や、既に発行されている通貨でも

・これからの価値が10倍になる!
・暗号通貨を知り尽くした人が勧める!

といった、「詐欺まがいの暗号通貨」が存在しているのも事実です。

暗号通貨の購入には「見極め」が必要

どの暗号通貨を購入するか、人により判断基準は異なります。

・既に暗号通貨で成功を収めた人
・現時点でも時価総額の高い暗号通貨の関係者

上記の様な方が新しい暗号通貨を発行するとなれば、この先、期待を持てる暗号通貨と言えます。

注目されるエイダコイン

先日、暗号通貨の時価総額ランキング9位の(BitShares)の創設者でもあり、4位のEthereum(イーサリアム)の開発に関わった
チャールズ・ホスキンソン氏(Charles Hoskinson)のセミナーが日本で開催されました。

チャールズ・ホスキンソン氏が来日した理由は、現在開発に取り組んでいるADAコイン(エイダコイン)とCARDANO(カルダノ)の普及です。
ADAコイン(エイダコイン)は、チャールズ・ホスキンソン氏が携わり、2016年後半に公開予定の新しい暗号通貨です。

参考記事

エイダコインは第4期プレセールは11月1日から受付。11月15日スタート。

エイダコインの第4期プレセールは11月15日を予定
本日アテインコーポレーションより、第4期プレセールの開始日が発表されました。 ご注文受付開始が2016年11月1日...
エイダコインの第4期プレセール追加情報※10月28日更新
第3期プレセールが1週間程度で終了し、救済策としての第3.5期プレセールも終了したエイダコイン。 10月28日にメ...
エイダコインの第4期プレセール時期はいつごろ?
暗号通貨・仮想通貨の第3期プレセールがあっという間に終了してしまったエイダコイン。 購入希望していたにも関わらず、...
The following two tabs change content below.

Bitcoin通信|コトリトリ(speeeeedy.net)

暗号通貨、仮想通貨(Bitcoin・Ethereum等)の情報収集を行っています。クラウドマイニング、クラウドセール、HYIP投資、新しいアルトコイン、ビットコインに関連したニュースなど、気になった情報をブログで公開しています。
スポンサーリンク
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ